クリック率を上げる心理学的手法

スポンサーリンク


 

どうも、横山です。

 

ネットビジネスをしている自分がこういった手法を話すのは

もしかしたら良くないのかもしれませんが、

非常に簡単で効果の出る手法なのでご紹介したいと思います。

 

 

クリック率上昇の手法

 

 

ここで一つわかりやすい例を出します。

 

さっき何か良い例はないかと考えていたら

昔の童話にすごく良い例を発見しました。

 

誰しもが聞いたことがある、こんなセリフです。

 

 

「あなたが落としたのは金の斧ですか?
それとも銀の斧ですか?」

 

 

もっとわかりやすくします。

 

 

「あなたが落としたのは金の斧ですか?
それとも銀の斧ですか?」

 

 

 

ここに思わずクリックしてしまう人の心理があります。

 

 

どういうことかというと、

人は

「AとB、どっち?」

と聞かれたら無意識的に

選ぶ、選ばないという前提ではなく

「どちらを選ぶか」

という前提で考えます。

 

つまり、

「選ぶ前提」になっているのです。

 

 

さきほどの例がどれほど秀逸かがよく分かると思います。

 

主人公の頭は

「どっちを選ぼうか」

になっているはずですし、

 

本を読んでいる(もしくは話を聞いている)あなたは

「主人公はどっちを選ぶんだろうなー」

という風に思っているはずです。

 

 

試してみればわかりますが、

これはすぐにクリック率が上がります。

自分も物販サイトで使っている手法です。

 

 

注意点

 

ここで注意点があります。

乱発はしないでください。

 

 

 

突然ですが、自分は心理学が好きです。

 

だいたい月に2冊は心理学の本を読みます。

「愛読書です!」といって新品同様の写真をアップしているミーハーが多い

この本も度重なる格闘の結果、ボロボロです。苦笑

 

 

そんな著作を出している多くの心理学の権威が口を揃えていうのは

「人間はそれほど単純ではない。」

 

 

最初こそは効果があるでしょうが

毎回毎回「どっち?」と聞かれて、

クリックしてしまうほど単純ではありません。

 

むしろ違和感を感じてファンが離れます。

 

 

 

なので、

時と場合を見計らって使ってみてください。

 

正しく使えば

あなたのサイトのクリック率を伸ばしてくれます^^

 

 

ではまた!

 

 

スポンサーリンク

2 Responses to “クリック率を上げる心理学的手法”

  1. 横山タイキさん、

    いつもお世話になっております みよしです^^

    選ぶことがすでに前提になっている。

    これはクリックしますね♪

    さらっと、スゴイことを教えていただきました^^

    ありがとうございますm(_ _)m

    心理学ってこうゆうことなんですね。

    僕は、時間があるとマインドの本か・・・

    最近は勉強法がマイブームですね^^

    「心理学」だいぶ面白そうなので、

    意識していこうと思います。

    ものすごく勉強になりました。

    では、また訪問させていただきます。

    感謝の気持ちを込めて、応援済みです^^

  2. 横山さん

    こんにちは、パワブロです。

    今回の記事を読んでなるほどと思いました。
    選択肢を提示されると、どちらかを選ぶこと前提で話を進めてしまいますね。
    これは効果大だと思います。

    確かに、良い方法を知るとそればかり連発してしまう人は多いですね…。
    こういう「反応が取れる文章の書き方」って、普段はしないことが多いので
    いきなり連発されると読んでいる側は違和感を覚えますよね。

    ここぞという時に、適度に使うのが一番だと思います(^^

    応援クリック!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ