SPIKEの条件が改悪されてしまいました

スポンサーリンク


 

どうも、横山です。

 

決済手数料無料の決済サービスとして大いに注目され、このブログでも何回か紹介していたSPIKEですが、
少し前にビジネスプレミアム料金プランの変更がアナウンスされました。

 

ビジネスプレミアム料金プランの変更

 

その内容は残念ながら決済手数料の値上げという…。

 

2015年6月17日現在の料金内容は以下の内容になっています。

 

SPIKE料金

 

以前:月1000万円まで決済手数料が無料。それを超えた分に関して1件2.55%+30円の手数料が発生。

現在:最初から1件2.55%+10円~の手数料が発生。

 

※ちなみに既に申し込んでいた人は、その条件のまま月1000万円まで無料、超過分2.55%+30円とのこと。
先に申し込んでいた人、ご安心を。

 

利用ブランドの制限、手数料増加

 

そしてさらに悪いお知らせがあります。

 

これまで取り扱いができていたJCB/AMEX/Dinersはフリープランでは使用することができなくなりました。

この3ブランドを利用するためにはビジネプレミアムに入る必要があり、加えて月額5000円の手数料が必要。
さらに該当3ブランドで決済を行った場合の決済手数料は2.55%+10円~という条件ではなく、3.4%+30円。

 

 

この2点が変更になりました。
まぁ改悪ですね…。つらい。

 

もともと決済手数料無料という驚愕のサービス内容から、マネタイズについて疑問視されてきたSPIKEですが、
運営会社であるメタップスの取締役の強気な姿勢やSPIKEコインの導入やSPIKEマーケット等いろいろ手をつけていることを見てなんとかするのかなぁと思っていましたが…どうやら厳しかったようです。

 

最初にでた時のインパクトが強かっただけに残念…。

スポンサーリンク

One Response to “SPIKEの条件が改悪されてしまいました”

  1. ゆんちゃん より:

    フリープラン100万円まで無料だったのが 3月10日発表で今度は10万円までに
    なりましたね 改悪以外の何物でもありません

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ