久しぶりに、心理的なカラーバス効果でも…

スポンサーリンク


orz

今日は久しぶりに心理学的なテーマについて書いていこうかなーと、思います。

カラーバス効果

 

以前はよく書いていた心理学のテーマ、
もうだいぶ書いてないことに気づきました。

ということで本日のテーマは

「カラーバス効果」

 

カラーバス効果(カラーバスこうか、color bath)とは心理学用語の一つである。カラーバスは「色を浴びる」の意。 意識していることほど関係する情報が自分のところに舞い込んでくるようになるといったものである。例えば、「今日のラッキーカラーは赤」といわれると、街でその色ばかりに目が行くなども、カラーバス効果である。
wikipediaより引用

 

簡単にいうと、

意識している情報にあらゆることが引っ張られる

という話です。

 

上のラッキカラーの例の他にも例えば、
自分がベンツを買おうとしている、もしくは買った状態になった時、
今までそんなに街にベンツがあるとは思えなかったのが、
そういう 状態になった瞬間から目につきはじめ

「あ、ベンツだ。あ、あれも。こんなにベンツ走ってたんだー」

となります。

当たり前ですが、ベンツが増えたわけではありません。笑
自分の意識がベンツに向きやすいようになったのです。

 

日常のほぼ全ての場面でこういった心理は働いていますが
この効果「だけ」を使ってビジネス上で上手く活かそうとするのは
非常に難しいと言われています。

僕も挑戦したことがありません。

でも大きな影響を与えているのは確かです。
特にネガティブな感情には強く作用しやすい。

 

すでに2つほど例をあげてきましたが、ここでまた1つ例を。

自分がネットビジネスで上手くいかなったとします。

いろいろ商材を買ったり、悩んだり、頑張っているけど
収入が上がらない。

そんな中で「ネットビジネスは詐欺だ。」

という情報が出ていたとします。

まず、そういう状態では普段よりそういった情報が目につきやすいです。
そして、その内容に対して無意識的に納得しやすくなります。
さらに、 今後そういった傾向を助長します。

別にネットビジネスに限った話ではないですが 、
ネガティブな批判というのは心理的にも賛同を得やすいのです 。

 

カラーバス効果の活かし方

上でも言いましたが、
「じゃあこの効果だけで相手をどうこうしてやろう …」
的なのはまず上手くいきません。

理由はいろいろありますが、ここでは省略しておきます。

せいぜい「相手の印象(意識)に残るようにしよう!」
くらいが関の山です。
ですが、対自分の場合は一つ効果的な方法があります。

ずばり、

意識することを意識すること

です。
例えば今日一日、
「輸入ビジネスに活かせないかな・・・」
と意識して過ごしてみるとか。

これは○○の法則~みたいな変な精神論とかではなくて、
人間の脳というのは、入ってくる情報に対して
制限、フィルタをかけている、という話です。

実際こう思って過ごすだけで、質を抜きにすれば
1日少なくても数百くらいのアイディアは出ると思います。
数百もあれば中には何個かは当たります。
(100も出てこない人は「アイディアの出し方」自体が間違ってます。)

 

ネットビジネスで活かせないかな…と思って
いつもぼやーと見ているテレビを見る
→このネタ、エンタメとしてショップブログの記事にすれば1万UUくらいいくかも!
→この芸能人が使ってるこれ、話題になりそう。扱えるかな?
とかとか

 

もちろんにここに挙げた例に限らずいろーんなところで役に立つので、
是非意識してみてください。

ちょっと、とっつきにくいですけどね^^;

でもそういったことほど成果は出しやすいんですよね、
困ったことに。笑

 

P.S.

 

ちなみに
今回の記事のサムネイル画像ありますよね?

厳密にはカラーバス効果ではないんですが、
小難しい理論を抜きにすればだいたい同じなので(笑)、ご紹介。

orz

これを全く知らない人にとっては単純に

「おーあーるじー」に見えるでしょう。

知っている人にとっては…

もうお分かりですね^^

 

では、また。

スポンサーリンク

2 Responses to “久しぶりに、心理的なカラーバス効果でも…”

  1. 横山タイキさん、こんばんは!インフォ仙人です。

    今回の記事で書かれていた心理的な現象については
    知っていましたが、カラーバス効果という名前は初めて知りました。

    とてもわかりやすく、参考になりました^^

    近々アウトプットして落とし込みたいと思います。

    ポチポチ応援完了です!

  2. 興味深いブログ。。。
    応援ぽちしておきました

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ