2文字だけで反応率を上げる

スポンサーリンク


 

どうも、横山です。

 

さて、本日の記事は

「2文字だけで反応率を上げる」

です。

 

 

今回ご紹介する言葉はたった2文字です。

 

その言葉は

「ので」

です。

 

 

ある実験をご紹介しましょう。

 

 

図書館のコピー機の横にいる人に

 

「すみません…5枚だけなんですけど先にコピーをとらせてくれませんか?」

と頼んだ場合、60%の人が先に譲ってくれた。

 

次に急いでいるので、という理由を付け加えて

「すみません…急いでいるので

5枚だけなんですけど先にコピーをとらせてくれませんか?」

と頼んだ場合は94%の人が譲ってくれた。

(影響力の武器 Robert.B.Cialdini著 社会行動研究会訳 2007, p8. 間接引用)

 

 

ここまではわかるでしょう。

納得できる理由が提示されているので

「それなら…」

という気持ちになります。

 

 

問題は次です。

 

 

「すみません…コピーをとらなければならないので

5枚だけなんですけど先にコピーをとらせてくれませんか?」

 

これははっきり言って理由になっていません。苦笑

 

しかし、この場合も93%もの人が譲ってくれたのです。

(影響力の武器 Robert.B.Cialdini著 社会行動研究会訳 2007, p9. 間接引用)

 

 

 

つまりその理由の内容自体は大して考えず、

「理由がある」ということだけで反応がまるで変わってきてしまうのです。

 

 

 

こういった心理的影響というのは、ほぼ無自覚です。

というより、自覚していたらその影響を回避できますしね。

 

人間の心の構造的に回避できないのが、難点なのです。

 

そういった背景もあって

この「ので」、つまり「理由の提示」は

セールスレターなとでも死ぬほど使われています。

 

 

 

こういった心理的手法を

「WEB心理学販売テクニック-超速効果版」

として先の無料オファーしていますので、

興味のある方は下の記事からどうぞ。

 

http://ecunei.com/freeoffer/kozinyunyuu/

 

 

 

あ、

毎度のご忠告になりますが、

あくまで適切なバランスでの活用してください。

お客さんの信頼を裏切ってしまったら元も子もありません。

 

 

 

ではまた明日!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ