Amazonでの出品手数料や月額料金が変更されます。

スポンサーリンク


どうも、横山です。

昨日の夜のことですが、Amazonからこんなメールが来ました。

 

出品者様

本メールは、Amazon.co.jpに商品を販売している出品者様を対象にお送りしています。

平素はAmazon出品サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
Amazonテクニカルサポートよりご連絡いたします。

2015年の税制改正により、国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税の見直しが行われました。
従来は、消費税法施行令第6条第2項第7号により、サービス提供者の本店所在地が米国であることから、国外取引として不課税取引としていました。
今回の税制改正に伴い、2015年10月1日以降のご利用分よりAmazon.co.jpの出品サービスにおける販売手数料等について出品者様へ消費税をご請求させていただきます。

課税対象となる販売手数料は、月間登録料、販売手数料、カテゴリー成約料、基本成約料、その他返金手数料、大量販売手数料などの、Amazon出品サービスに関してAmazonが請求するサービス料が該当します。
ただし、スポンサー プロダクトなど、一部の広告サービスについては、事業者向け電気通信利用役務の提供に該当しますので、消費税の請求はありません。
また、フルフィルメントby Amazonの手数料はすでに課税対象になっていますので、2015年の税制改正による変更はありません。

出品サービスを提供している米国法人Amazon Services International, Inc.では現在、国税庁へ登録国外事業者の登録申請手続きを行っています。
これにより、本年10月以降の手数料明細書には、Amazon Services International, Inc.の登録国外事業者番号が記載されます。

上記は、日本の居住者である出品者様へのご案内です。日本国外の居住者である出品者様には適用されません。

計算例を含む詳細については、以下のURLから「2015年の税制改正による、販売手数料などサービス料の消費税の扱いについて」を参照してください(セラーセントラルへログインする必要があります)。
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/201844230

ご不明な点がありましたら、「テクニカルサポートへお問い合わせ」から「その他」、「税金」の順にクリックしてお問い合わせください。
今後とも、Amazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

 

このメールの文面通り、Amazonマーケットプレイスなどの手数料が前面的に改定されるとのこと。

つまり税制改正によりAmazonの各種サービスに消費税分が課税されます。

 

 

ざっくり言うと消費税分の値上げですね。

 

残念なことに手数料が8%分高くなります。

 

最近AmazonはFBAの納品先が変更になったり、固定納品が可能になったり、UIが変わったりといろいろありますね。

 

ちなみにどの手数料がどれくらい高くなるかの具体的な数字は以下。

 

具体的な数字

・大口出品月間登録料4900円が5292円に。
・カテゴリー成約料が1.08掛けに (消費税分8%課税) ※これは小口出品者も対象

ちなみにFBA(Amazonフルフィルメントサービス)は既に消費税が課税されているので今回の変更で値上がりはありません。

 

変更の適用は10月1日から。

 

ただ海外発送商品は対象外だったり、海外居住者だったりするとさきほどの各種手数料の課税がなかったりと例外もあります。

 

詳しくは

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/201844230

で確認しましょう。

 

短いですが、とりあえずご連絡まで。

では、また。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ