良いこと1つ、悪いこと1つ

スポンサーリンク


いいね、わるいね

良いことが1つ、悪いことが1つありました。

 

 

50万の商品が破損して

 

んじゃあ悪いことからいきましょうかね。笑

50万円の商品が破壊されました。

海外からの配送中に壊れたということですが、それ以前に梱包がひどい。
世界最薄、最軽量に挑戦したようなプチプチでした。

ええ。戦争です。

 

というのは嘘で(笑)、普通に保証してもらえることになりました。

でもお待たせしているお客さんの心証は悪いでしょう… 。
(もちろん僕の心証も^^)

 

今回改めて思いましたが、
アメリカ人というか北米の人はホントにざっくりしています。

日本の対応との違いを感じますが、
僕らがビジネスをする上で大事なのは、
相手に適した対応をする、ということです。

当然と言えば当然なんですが、
サボりがちな相手にいつもと同じスタイルでいてはダメなんです。

 

もっと広げて言うと、

1つのやり方が、
どの状況でも同じように成り立つワケがないんです。

でもそう思っている人も、そういう風に言っている人もすごく多い。

試しにいろんな商材、有名な人の発言を見てみるとおもしろいかもしれません。

 

では、良い方の話。

そのトラブルがあった仕入先なんですが、
大幅割引をしてもらえることになりました。

もともと結構な個数を買っていることもあって、10%OFFとかでいけそうです。

なんだ10%かー、と思われるかもしれませんが
50万の10%といったら5万です。
20個仕入れれば100万です。

まぁあまり数が出る商品ではないのですが、
今回も送料を除いた商品代金分は補填してもらえるので、
長い目で見たらよかったのかもしれませんね。

さっきは悪い面をいいましたが、北米は直接面識がなくても
値引き交渉を受け入れてくれやすいという面もあります。
(特にクーポンコードを利用しているところは交渉しやすいです。)

 

今日はそんな近況報告です。
ノウハウを期待して読んでくださった方、申し訳ありません。

 

では、また!

 

P.S.

今度は中国料理にハマってきています。

中国輸入のリサーチ?も兼ねて本場から仕入れたい。笑

でも今は情勢的に面倒な感じだしなぁ…

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ