うさんくさいこの業界について


 

どうも、横山です。

ネットビジネスに参入し始めたのは去年の11月ですが、
その前からネットビジネスの存在については知っていました。

「ネットビジネス?うさんくさいなぁ…」

と思っていました。

…今でもそう思ってますが。笑

 

実際あなたもそう思ったかもしれません。

 

そしてそれは当たっています。

実際僕が知っている限り、マトモなものはごく少数です。

 

でも結果を出している人がいるのも確かだし、
僕自身がネットビジネスのおかけで生活を変えることができたのも確かです。

ここで読者が減ることを恐れず本音を言うなら
「副業感覚でネットビジネスを行うなら、まず結果は出ません。」

 

以前の記事でも書きましたが、
いろんな背景があって日に日にネットビジネスに参入する人は増えています。

 

そんな中で
「1日10分の作業で月10万!」
とかいう大嘘は
冷静に考えれば論理的に不可能です。
(ある特定の期間の、特定のターゲットに対しての1例にごまかされてはいけません)

 

想像してみてください。

 

「100Mのタイムを5秒縮めれるシューズ!
これを履けば毎年ビリだったあなたも1位に!
大好評販売中!今すぐご購入を!」

という広告が大々的に貼られている光景を。

 

仮にこの効果が本当に得られたとしても
このシューズを買ったあなたが次の100M走の大会で1位になれると思えるのなら…
まぁイメージしてみればそんなことはあり得ないのは
火を見るより明らか、ですね。

 

でも実際こんなんばっかです。

 

いろんなツールや新しいテクニック、ノウハウなどが
目まぐるしく出てくるネットビジネスの世界では
そういった知識を知っているかどうかが全てだと思われがちです。

もちろん、それは大きな効果を発揮すると思います。
だからこそ僕も毎日いろんな情報をチェックしているわけですし。

 

でもそういった最新情報をずっとチェックして
いろんな流行りの情報商材を買っている人の大半が
成果を出せないのは何故なのでしょう?

こういった事実から目を背けるのはナンセンスです。

というか有名なクリス・アンダーソンさんの言葉を借りるなら
そもそも「情報というのはフリーになりたがります」

情報それ自体に価値があるなんてのは大昔の話です。

 

しかし努力と成果が比例関係にあるのは間違いありません。

そしてそれはビジネスの場合は
会社の出世や恋愛なんかより
よっぽど分かりやすく出ます。

 

ここで言う「努力」は広い意味での努力です。

単純に何も考えず目の前のことだけをやることでもなく、
何もアウトプットを出すこと無く、
頭の中でごちゃごちゃ考えるだけのことでもありません。

あくまで「成果を出す」ために必死になる、ということです。

 

「この市場はブルーオーシャンです!独占できます!」
と言っているような、
間違いなくブルーオーシャン戦略の目次も読んでないような人達の
甘い香りのする誘惑に惑わされることなく、
日々青汁を飲んでいる僕らは負けないでしょう。

 

 

追伸:

本物の青汁は飲んだことがありません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

One Response to “うさんくさいこの業界について”

  1. fujita より:

    横山タイキ さん、お早う御座います。
    藤田です。

    「新時代のアフィリエイトの稼ぎ方」のリンクは私のパソコンからは
    リンクできませんでした。

    「1日10分の作業で月10万!」
    のような話は、は私も聞いていますけれど。
    アフリエイトのブログのシステム(SEO、メルマガ、大量のリストなど)
    が完備していれば、可能かもしれませんが、システムを充実させるには
    長ーい時間が掛ります。

    初心者が、簡単にできるレベルのものではありません。

    初心者に、「1日10分の作業で月10万!」を信じ込ませる営業方法は
    詐欺みたいなものです。

    これらの宣伝の影響と思われるのが、初心者に目標を聞いてみると
    「三か月後に月60万円稼ぐのがも目標です。」
    など、大きな目標を掲げる方を多く見受けます。

    彼らは、簡単に巨額を稼げるという宣伝文句に惑わされ
    アフィリエイトの実情を全く分かっていない方です。

    私がそうでしたから。

    しかし、私は、アフィリエイトは、辞めるつもりなく、
    続けていきます。

    応援完了しました。

fujita にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ